zett

zett

進化し続ける捕球技術。
名手の相棒を徹底解剖!

源田壮亮選手 2020年使用グラブ

  • -プロステイタスレザー仕様
  • -パステルブラウン×ブラックのツートンカラー
  • -ZETT 100th 限定エンブレム装着
  • -親指部にニックネームと背番号を刺繍

名手とうたわれる源田選手は、
あらゆる打球に応じて多彩な適応力を見せる。
まず捕球したボールを、持ち替えやすく
送球しやすい体勢をキープしたまま打球に入っていく。
そして打球によってグラブの入れ方、
寝かせ方など多くの引き出しを持ち、
常に固定された一箇所のポケットに打球を導き、送球までのリズムを作り上げる。
シーズンを経るたびに守備の技術・精度を進化させる名手の相棒 「2020年モデル」を徹底解剖!

源田壮亮選手 2020年使用グラブ

  • -プロステイタスレザー仕様
  • -パステルブラウン×ブラックのツートンカラー
  • -ZETT 100th 限定エンブレム装着
  • -親指部にニックネームと背番号を刺繍

Product Story

ポケットトップ&
指股位置

源田選手の入団時の初期モデルと比べ、ポケットトップ位置を5mm、指股を人差し指-中指間/5mm、中指-薬指間/7mm、薬指-小指間/7mm下げた。年々、技術が進化する源田選手はどんな打球に対しても、人差し指を支点とした特定箇所にポケット位置が固定されている為、捕球面は必要最小限に設計されている。また常に一箇所で捕球する為にグラブが傷みにくく長持ちするのも特長。

源田選手の入団時の初期モデルと比べ、ポケットトップ位置を5mm、指股を人差し指-中指間/5mm、中指-薬指間/7mm、薬指-小指間/7mm下げた。年々、技術が進化する源田選手はどんな打球に対しても、人差し指を支点とした特定箇所にポケット位置が固定されている為、捕球面は必要最小限に設計されている。また常に一箇所で捕球する為にグラブが傷みにくく長持ちするのも特長。

表平パーツ

表平パーツは敢えてトコ面(繊維層)の厚い部分を選りすぐって裁断。耐久性に支障が出ない範囲を狙い極限の0.3~0.4mmのスキ加工を施し、捕球面全体に張り感も持たせている。これによって捕球時、素手とボールとの距離をできる限り近づけ、源田選手が信条とする「素手感覚」を追求している。

表平パーツは敢えてトコ面(繊維層)の厚い部分を選りすぐって裁断。耐久性に支障が出ない範囲を狙い極限の0.3~0.4mmのスキ加工を施し、捕球面全体に張り感も持たせている。これによって捕球時、素手とボールとの距離をできる限り近づけ、源田選手が信条とする「素手感覚」を追求している。

締め紐

指先の締め紐は、装着時に手に馴染む感覚を高める為に、硬度や厚みを重視して紐を厳選。締める強さも各指間で強弱の調整を図りながら、繊細な手指の動きがグラブに伝わりやすく設計。

指先の締め紐は、装着時に手に馴染む感覚を高める為に、硬度や厚みを重視して紐を厳選。締める強さも各指間で強弱の調整を図りながら、繊細な手指の動きがグラブに伝わりやすく設計。

背面形状

中指・薬指・小指の3指の背面形状はカーブさせず極力ストレートに腰を持たせて設計。これにより、特定されたポケットに打球を導いた際、3指が自然に閉じ、ボールを固定すると同時にスムーズに送球の為の持ち替えに移行される。

中指・薬指・小指の3指の背面形状はカーブさせず極力ストレートに腰を持たせて設計。これにより、特定されたポケットに打球を導いた際、3指が自然に閉じ、ボールを固定すると同時にスムーズに送球の為の持ち替えに移行される。

親指・小指芯

親指・小指の芯は一般的硬式グラブと比較すると総厚で、4㎜薄く設計しグラブ全体の軽量化を図ることで、源田選手の一連のプレーが軽快かつスムーズに流れる様アシスト。

親指・小指の芯は一般的硬式グラブと比較すると総厚で、4㎜薄く設計しグラブ全体の軽量化を図ることで、源田選手の一連のプレーが軽快かつスムーズに流れる様アシスト。

※上記、仕様・加工内容は硬式・軟式プロステイタスオーダーシステムには反映できませんのであらかじめご了承願います。
源田選手使用グラブは型・仕様などが変更になることがあります。

選手と向き合う時間が
クオリティを担保する

源田選手の追い求める感覚・フィーリングを
完全な形にすることは非常に難易度が高く、
時にはキャンプやシーズン中でもグラウンドに足を運んで
実際にプレーしているところを自分の目で確認しながら
グラブ製作のイメージを沸かせています。
一つのグラブを作り上げるまでには多くの工程を踏み、時間もかかりますが、
その分、クラフトマンとしてのやり甲斐を大いに感じています。
これからも源田選手としっかり向き合い、自身の製造技術も高めながら、
安心してプレーに集中できるグラブを提供し続けていきます。

グラブ生産技術開発センター
縫製部&プロスタッフフォロー角正 義弘

源田選手のグラブへのこだわりは
「素手感覚」への飽くなき追及。
プロステイタスシリーズはその思いを体現。

硬式プロステイタスSEシリーズ

最上級品質であり続ける
使命を果たしながら、
最新スタイル・スペックを装備する
硬式グラブの先駆者。

しっとりした質感のヨーロッパ産キップレザーを
本体材に使用した高品質仕様。
トッププロも支持する最新仕様をいち早く反映した
プロステイタス硬式グラブニューコンセプトシリーズ。新規性・話題性の高いパターン、スタイル、カラー等、プロステイタスの伝統は継承しながら時代に則したスタイルを常時展開。

硬式プロステイタスシリーズ

受け継がれる最上級品質。
硬式グラブの王道を行く
正統派モデル。

耐久性としなやかさを両立させる為に
ゼットクラフトマンとタンナーが共同開発した
プロステイタスレザーを使用。
手の平にピッタリとなじむ素手感覚を追求。